【フィッシャー】 TISA Sport Stop BL 
金具 【ロットフェラー】NNNII  BASIC AUTO
ブーツ 【フィッシャー】XC SPORT BLACK ※サイズによってデザインが変わります。
ポール 【フィッシャー】XC SPORTまたは、【ワンウエイ】ダイアモンド
※在庫切れの場合は、ポールが変わることがございます。ご了承ください。






ブーツ表(当店参考表示サイズ)
ヨーロッパサイズ表示 納品時のサイズ表示/当店参考表サイズ表示
EU35    22.0cm/  ~22.0cm
EU36    23.0cm/  ~22.5cm
EU37    23.5cm/  ~23.0cm
EU38    24.5cm/  ~23.5cm
EU39    25.0cm/  ~24.5cm
EU40    25.5cm/  ~25.0cm
EU41    26.5cm/  ~25.5cm
EU42    27.0cm/  ~26.5cm
EU43    27.5cm/  ~27.0cm
EU44    28.5cm/  27.5~28.0cm
EU45    29.0cm/  28.5~29.0cm
EU46    30.0cm/  29.0~30.0cm
EU47    31.0cm/  30.0cm~

当店参考表サイズ表示は、アシックス バレーボールサイズを参考にしています。
クロスカントリースキーは、クラシカルタイプとスケーティングタイプの2種類にわけることができます。
クラシカルタイプは、グライディングゾーン用ワックス(滑走用ワックス)と、キックゾーン用ワックス(滑り止めワックス)を併用しながら、スキーを前後に滑らせ、2本のレールの中を滑るような走法です。身長プラス25~30cmくらいの長さの板を使います。
スケーティングタイプは、フリー走法とも呼ばれますが、スケート選手のように、スキーを左右の前方に滑らせながら、2~3mの幅のコース滑る走法です。この場合、ワックスは、滑走用のみを使用いたします。クラシカル走法に比べ、スピードもあり、TVでおなじみの複合の選手などが、滑っている方法です。178cm、183cm、188cmくらいの長さの板が多く使われます。
 さて今回、ご紹介いたします。XCスキー4点セットは、一般的には、歩くスキーと呼ばれ、スピードを競うことよりも、ゆっくりと自然の中で、有酸素運動を行うことにより、屋内にこもりがちな冬場の運動不足解消と健康管理におすすめできる商品です。 クロスカントリースキー大会、スキーマラソン、冬山縦走には適しません。
 商品の特徴は、クラシカルタイプの板をベースに、キックゾーンを加工することにより、雪温で使い分ける、滑り止めワックスが不要(ノーワックス)になり、初心者でも簡単に扱えることが出来ます。グライディングゾーンには、通常のスプレータイプの万能ワックス(¥1290)などで対応できます。
重量も、板(185cm)と金具で、片足約800gと軽量です。ブーツは、合皮製の登山靴をイメージされてもよいと思います。ストックは競技の場合、耳の高さくらいのもので、先端にはスピードアップのため小さなリングを使用いたしますが、今回のセットでは、コースカッターの入らない公園の中や、新雪でも対応できるように、大きめのリングにしてあります。ぜひ、チャレンジしてみてください。



⇒ GO!

ざっくり言うと

  • 「株式会社」と「有限会社」の違いについて解説している
  • 資本金の額と従業員数が大きな違いで、有限会社の方が開業のハードルが低い
  • 株式会社は株主総会を開き、株主に決算の数字などを報告する必要がある

注目の 《》【フィッシャー】クロスカントリースキー4点セット  ノーワックスタイプ~歩くスキー ブルー:T-エリア

外部サイト

ランキング

x